Help Photo Stock Text

肖像権についてのFAQ

無断で撮影されたり、撮影された写真が勝手に公表されないための権利を肖像権と呼びます。無断で撮影されたり、写真を勝手に公表されたりしないためのプライバシー権、肖像により生じる経済的な利益・価値を排他的に支配する権利をパブリシティ権の2つにより成り立っています。

Q1 誰が私の写真を買うのか知りたいです。

A:Fotorは画像加工、コラージュなど多くの画像編集サービスです。また今までになかった画像販売の場でもあります。サービス内では世界中のカメラマンが提供された画像は個人のデザイナーやデザイナー団体、美術団体、中小企業、オンラインストア、ネットワーク、通信サービスに携わる方に画像及び使用権を購入されます。
すべての方にFotorサイト内の画像使用許諾書に同意していただいております。
使用許諾書により、画像使用の範囲、使用回数、使用方法は異なります。しかし、この規約は排他的なものでなく、あなた自分も自分の画像の権利者であり、Fotor以外でも画像の販売、使用権の販売を行うことができます。(Fotorと専属契約をした場合は除きます。)

Q2 写真の中の人物がはっきり写っていないので肖像権はないと思います。

A:基本的には写真を見た時に、写真の人物が識別できるかが判断の基準となります。もし識別できない場合は、Fotorより肖像権の要求はありません。しかし、販売先により肖像権の基準の厳格さはことなります。Fotorは世界の有名ブランドと提携しているために、肖像権の提出をお願いすることもございます。その際はご協力お願い致します。

Q3 すでに写真内の自分に連絡を取れない。旅行中に出会った人物で、写真を取った後、連絡が撮れなくなった。その場合でも同意書の提出が無いと販売できませんか?

A:大丈夫です。もし写真の中の人物と連絡が取れない、もしくは完全な肖像権を準備できなくても問題ありません。私たちはすでに「ニュース報道に該当する使用」の項目で販売中です。もしすでにFotorで販売に関する同意書にサインをしていただいている場合、その他の資料へのサインは不要です。

Q4 画像の中の人物とは連絡が取れません。でもFotorに関する同意書しました。もしアップデートした画像により訴えられたら、法律上の責任を負わないといけませんか?

A:ご理解いただきありがとうございます。しかしFotorでは肖像権の同意書がない場合、ニュース報道に該当する使用でのみの販売となります。以下がその理由です。

肖像権は写真内のモデルが撮影者本人に譲渡するものとなり、写真販売時に、肖像権は写真の使用権と共に購入者(もしくは購入した団体)に移ります。もし画像が商業用広告などに使用する場合、(法律の定める商業利用)、購入者は写真の肖像権についてとても気にされます。写真の無断使用として訴訟を起こされることもあるからです。そのようなことになると購入者に損失となります。(広告費、印刷費用、宣伝費など)また間接的な損害も考えられます。(社会的信頼、コストなどの損失)購入者が安心して購入できるように商業利用で人物が写っている写真を扱う場合はモデルリリースの提出をお願いしております。もちろん、モデルリリースの作成、提出には時間や労力がかかることと思います。しかし、モデルリリースにより写真の価値も大きく上がり、モデルリリースの無い画像よりも高く販売されることもご理解ください。

Q5 写真の中に複数の人物が写っている場合は全員のモデルリリースが必要ですか?
A:同じ一枚のモデルリリースの用紙に署名していただき、モデルリリースと一緒に写真を撮影してだければ問題ありません。

Q6 「ニュース報道に該当する使用」の場合、何かの書類にサインする必要はありますか?

A:「ニュース報道に該当する使用」については、画像アップロード時に、Fotorによる写真販売を許可するにチェックをして頂いていればその他の書類にサインは不要となります。

Q7 街中で撮影した場合、モデルリリースは必要ですか?
A:もし商業利用可の写真として販売希望される場合、写真上の人物が識別される程度で写っていればモデルリリースは必要となります。街中を撮影された場合、モデルリリースの取得は難しいので、一般には、撮影時に簡易的なモデルリリースを準備しサインしてもらうか、撮影後に個人が特定されないよう加工されています。

Q8 小さい時の自分の写真を販売することは出来ますか?もし可能な場合、モデルリリースは必要ですか?

A:昔の写真も販売することができます。しかし、その写真があなたの著作であることを保証していただく必要があります。商業利用可の写真として販売されたい場合、モデルリリースが必要となります。

Q9 写真の中の人物は私の友人です。利用に問題ないと思うのでモデルリリースは提出しなくてもいいですか?

A:もし商業利用可の写真として販売を希望され、写真の中の人物が識別可能な場合、モデルが本人、友人、道端の人物であろうと、プロのモデルであろうとモデルリリースが必要となります。仮にモデルが亡くなっている場合、家族の同意書が必要となります。もしモデルが未成年の場合、モデル本人のサインでなく、親権所有者のサインが必要となります。

Q10 他の言語のモデルリリーステンプレートを使えますか?

A:もちろん大丈夫です。もし携帯式モデルリリースを利用したい場合はアメリカメディア協会のサイトで提供されているテンプレートをお勧めします。

https://asmp.org/tutorials/forms.html#.VeZxx_mqqkp

もしモデルが英語を母語としない場合は、Getty Imagesより22言語のモデルリリースのテンプレートをダウンロードすることができます。

https://contributors.gettyimages.com/article_public.aspx?article_id=1834

Was this article helpful ?

Not really Yes, thanks

People also viewed